9/26公開 「無反射植毛布 VS 太黒門」 背景用途の比較動画

製品概要

太黒門 反射率

可視光域光吸収率 99.9%

※可視光域全半球反射率 0.095% (AOI8°)

 

 かの有名なカーボンナノチューブによる無反射商用コーティングをも凌ぐ黒さを、なんと厚み1.8mmの植毛布で実現しました。弊社の無反射黒色製品群の中でも最も黒い素材となります。

 特殊黒色染料を使用したレーヨン長パイルを乱れなく垂直配列させることで、入射光をパイル間で復次反射させ、減衰させる理想の立体構造を実現しております。

 

 植毛布としての取り扱いの容易さはそのままに、有効幅900mmのロール形状での供給が可能。光学産業用資材として開発されておりますが、一般の方も気軽にお使いいただけます。

 写真の黒色背景として使用した場合は、幅広い露出条件の中でも容易に黒く潰れた背景が得られ、被写体を際立たせる演出表現が可能です。アパレルに使用可能な資材としても、おそらく世界一黒いものであると予想しておりますが、圧力や摩耗、水濡れにより、パイル配列の乱れによる性能低下が発生してしまうため、そのような場所へのご使用はお控え下さい。

 

2021年11月、世界同時販売開始予定。続報をご期待下さい。

 

製品仕様

製品名:特級無反射植毛布 太黒門(たいこくもん)

英語名:Musou Black Fabric

素材構成:レーヨン基布 / レーヨンパイル

原反サイズ:有効幅920mm x 24m (乱尺)

販売規格サイズ:原反売り、m単位の切り売り

購入方法:Amazon、および弊社直販